東内京一の顔画像や年収は?和光市幹部で厚労省にも在籍?生活保護受給者の現金を搾取?

スポンサードリンク







埼玉県警は13日、生活保護受給者の自宅から回収した現金200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、埼玉県和光市企画部審議監東内京一容疑者(55)を逮捕しました。

東内京一容疑者は55歳、

【埼玉県和光市企画部審議監】という和光市の幹部でありながら・・

なぜ生活保護受給者の自宅から回収した現金200万円をだまし取ったのでしょうか?

公務員による不祥事が相次いでいますが・・

市の幹部がなぜ200万を、しかも生活保護受給者からだましとったんでしょう?

ギャンブルなどが理由なのでしょうか・・

東内京一の顔画像や年収は?

埼玉県警は13日、生活保護受給者の自宅から回収した現金200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで、埼玉県和光市企画部審議監東内京一容疑者(55)を逮捕しました。

氏名 東内京一 (とうない きょういち)

年齢 55歳 

職業 埼玉県和光市企画部審議監

住所 新座市栄5丁目

和光市企画部審議監東内京一容疑者の自宅は「新座市栄5丁目」にあり、和光市役所までは約3kmほどです。

東内京一(とうないきょういち)和光市企画部審議監は厚労省にも出向していた?

1986年埼玉県和光市役所入庁後、税務課・国民健康保険課等を経て、

2000年より介護保険室に配属、

その後、機構改革により高齢者福祉所管と介護保険所管を統合した長寿あんしん課で課長補佐・介護福祉担当統括主査・地域包括支援センターリーダー・後期高齢者医療担当統括主査を兼務、

地域性を重視した介護保険事業運営を中心に保健・医療・福祉政策を構築し地域包括支援体制を推進してきた、

2009年4月から厚生労働省老健局総務課課長補佐に就任、

27年度から第6期介護保険事業計画に携わったというよりその設計者?

出向した厚生労働省で地域包括ケアシステム(医療・介護・予防などのサービスを一体的に提供すること)の構築に携わっった。

出典 東内京一和光市福祉部長、かっこよすぎるじゃん!!埼玉県ふじみ野市議会 田村のり子 (たむらのりこ)

2011年4月から介護サービス調整官、振興課課長補佐等を併任し、地域包括ケアシステムを念頭に置く介護保険法等の改正や介護保険事業計画策定業務及び地域包括支援センター機能強化業務等に従事、

2011年10月に和光市長寿あんしん課長として帰任、

2012年10月より和光市 保健福祉部長。

出典 新しい介護予防・日常生活支援総合事業 テキスト 資料

埼玉県和光市企画部審議監東内京一容疑者(55)の顔画像などについては逮捕時の映像や報道でわかり次第追記します。

東内京一容疑者は平成30年4月より「和光市教育委員会教育部長」またその後「和光市保健福祉部長」などを務めた経歴があるようです。

「埼玉・和光市の高齢者が介護保険を“卒業”できる理由: こうすれば実現する! 理想の地域包括ケア」

「こうすればできる!これからの介護予防・地域ケア」

という著書も出版しています。

埼玉県和光市は2014年度の要介護認定率が9.4%で、全国平均の18.2%を大きく下回っています。

2014年にはNHKクローズアップ現代に

「要支援」から自立へ 介護からの”卒業式”」

埼玉県和光市の奇跡!

毎年要支援認定者の4割以上が介護保険を“卒業、と取り上げられたことも・・

出典 介護からの“卒業式” – NHK クローズアップ現代+

東内京一 (とうない きょういち)容疑者は和光市保健福祉部長時代には講演の講師として和光市の取り組みなどを講演していたこともあり、

SNSなどには和光市企画部審議監東内京一容疑者の過去の講演や、取り組みの内容についての投稿が多く見られました。

審議官(しんぎかん)は、日本の行政機関における官職の名称に使われる語で、一般には名称にこの語を含む官職の総称、またはそれに準ずるものを含めた総称。

身分はいずれも国家公務員ないし地方公務員。

管理職の給与は、企画官は額面で900万円程度、課長は1100~1400万円程度、審議官は1500万円~1800万円程度、局長は1800~2000万円程度、事務次官は2500万円程度と言われていますが、近年は国家公務員の人件費削減を受け減少傾向にあるようです

出典官僚の給与体系を教えてください!

埼玉県和光市幹部が詐欺の疑い 生活保護受給者の現金だまし取る

生活保護受給者から預かっていた現金200万円をだまし取ったとして、埼玉県警は13日、埼玉県和光市企画部審議監の東内(とうない)京一容疑者(55)=埼玉県新座市栄5丁目=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。

捜査2課によると、東内容疑者は和光市福祉事務所保健福祉部長だった2015年2~3月、

当時80代だった生活保護費受給者の女性(15年5月に死亡)から250万円を預かって保管しており、

「あのお金は大型詐欺グループの金で検察が押さえたいらしい。特捜に持って行くから俺に渡してもらえるか」

などと担当職員(部下)にうそを言い、うち200万円をだまし取った疑いがもたれています。

2015年1月、市のケースワーカーが女性の家に行ったところ、現金1200万円を発見。

このうち250万円を福祉事務所が預かり、市役所の金庫室内に保管していました。

2018年11月ごろ、女性の親族から市に問い合わせがあり事件が発覚し、市は今年1月、東内容疑者を刑事告発していました。

警察は今後の捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

警察は市役所から押収した資料を分析するなどして、詳しいいきさつを調べています。

市の幹部職員が逮捕されたことについて、和光市の松本武洋市長は「市民の皆様に多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くおわびします」というコメントを出しました。

東内京一は和光市企画部審議監(幹部)なのに生活保護受給者の現金詐取疑?

東内京一容疑者は、埼玉県和光市の幹部「企画部審議監」という役職です。

1986年、当時22歳で和光市に入庁しているのでおそらく大学卒業後に入庁し勤続33年ほどであり、順調に出世をしてきたようです。

年収は1500万〜1800万程度あったのではないかと思われますが・・なぜ生活保護受給者の自宅から回収した現金200万円をだまし取ったのかについては現時点では不明です。

供述内容などがわかり次第更新します。

東内京一の顔画像や年収は?和光市幹部で厚労省にも在籍?生活保護受給者の現金を搾取?とめ

平均的な年収が1500万以上はあるかと思われる、和光市企画部審議監の東内京一容疑者(55歳)が逮捕されました。

生活保護受給者の自宅から回収した現金200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されていますが・・・

動機が気になりますね・・

東内京一容疑者の供述内容などが入り次第情報を更新します。

スポンサードリンク