1千万搾取の京都府警巡査長の氏名や顔画像は?FX損失の穴埋め?70代高齢者をだます?

スポンサードリンク







京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長が警察官の職務と称して高齢男性の自宅を訪れ、

現金1000万円をだまし取った疑いが強まったとして、京都府警捜査2課は15日午前、詐欺の疑いで、巡査長の事情聴取を始めました。

容疑が固まり次第、逮捕する方針だということです。

オレオレ詐欺や架空請求詐欺といった特殊詐欺の被害者の多くは高齢者で占められているなか・・

「特殊詐欺被害」を防ぐ側の人間がなぜ、高齢者をだましてしかも1000万も(!)だましとるような事態となってしまったんでしょうか・・

京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長は外国為替証拠金取引(FX)を行っていたらしく、

高齢者からだまし取った現金はこの投資で生じた損失の穴埋めに用いられた可能性も・・

「京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長」

逮捕となれば、実名や顔写真などが公開されるのでしょうか?

スポンサードリンク







巡査長が高齢男性から1千万円詐取か 京都で事情聴取、逮捕へ

京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長が警察官の職務と称して高齢男性の自宅を訪れ、現金1千万円をだまし取った疑いが強まったとして、京都府警捜査2課は15日午前、詐欺の疑いで、巡査長の事情聴取を始めた。

容疑が固まり次第、逮捕する方針。

事件直前、男性は金融機関で高額の現金を引き出しており、金融機関から府警に

「特殊詐欺被害の可能性がある」

との緊急通報が寄せられていた。

巡査長は、通報への対応を通じて男性の資産情報を把握し、犯行に及んだ可能性があるという。

特殊詐欺被害の多発を受け、全国の警察は金融機関に対し、被害が疑われる取引についての情報提供を要請している。

警察官が銀行窓口などに急行し、高額出金者らから事情を確認するためで、水際で被害を食い止める有効策とされてきた。

今回の容疑が事実とすれば、特殊詐欺対策の在り方を根底から覆しかねない事態で、提供された情報の取り扱いに問題がなかったか検証が求められる。

捜査関係者によると、巡査長は伏見署地域課に在籍していた昨年11月ごろ、職務と称して京都市内の70代の男性宅を訪れ

「お金を預かっておく」などとうそを言い、現金11万円をだまし取った疑いが持たれている。

巡査長は外国為替証拠金取引(FX)をしており、この取引で生じた損失の穴埋めに詐取した現金を充てた可能性がある、という。

捜査関係者の説明では、巡査長は当時、伏見区内の交番で勤務。

府警は金融機関から日常的に特殊詐欺被害が疑われる顧客についての情報提供を受けており、通報内容は交番勤務者らの間で共有される仕組みになっていた。

巡査長は通報を受け、男性が多額の現金を保有していることを把握した可能性があり、府警が詳しい経緯を捜査している。

出店 京都新聞

1千万搾取の京都府警巡査長の氏名や顔画像は?

京都府警山科署地域課に勤務する30代の巡査長の男が、特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取った疑いがあるとして、府警が詐欺容疑で巡査長を任意同行したことがわかりました。

府警は巡査長を聴取し、容疑が固まり次第逮捕する方針ということです。

【京都府警山科署地域課に勤務する30代の巡査長の男】についてはまだ逮捕されておらず実名が発表されていません。

容疑が固まり次第逮捕されるということなので、今日明日中に氏名、年齢、住所などが発表されるかもしれません。

現時点でわかっている情報です。

氏名 不明

年齢 30代

住所 不明

職業 京都府警山科署地域課に勤務する30代の巡査長(男性)

事件当時(2018年11月時点)では伏見署地域課に在籍し伏見区内の交番で勤務。

特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取った疑い

1千万搾取の京都府警巡査長は、70代高齢者から搾取した1千万でFX損失の穴埋め?

京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長は、伏見署管内の交番に勤務していた昨年秋ごろ、金融機関から、

「男性が(寄付のため)多額の現金を下ろそうとしている」との通報を受けたことをきっかけに70代の男性と知り合いました。

この際、巡査長は男性宅に多額の現金があることを把握。

その後、男性に対し「こっちで現金を預かっておく」と虚偽の説明をし、2回にわたって計約1200万円を男性からだまし取った疑いが持たれています。

巡査長は今春の定期異動で府内の別の警察署に異動。

その後、巡査長から連絡がないことを不審に思った男性が前任の交番に連絡して発覚しました。

巡査長は外国為替証拠金取引(FX)を行っていたとの情報もあり、だまし取った現金はこの投資で生じた損失の穴埋めに用いられた可能性もあるということです。

京都府警巡査長逮捕へ 捜査情報を犯罪行為に悪用

全国の警察では、だまされたふり作戦や現金などを被害者宅に受け取りに来る「出し子」の逮捕など、犯行グループの壊滅に向けた検挙対策を進める一方、関係機関との連携による被害防止対策を進めている。

中でも効果的なのは、金融機関による高齢者に対する声掛けや、多額の現金を下ろした場合の警察に対する通報といった活動で、声掛けによる被害阻止率は約5割とされている。

しかし、巡査長はこの連携を逆手に取り、被害者宅に多額の現金があることを把握したとみられる。

出典 産経新聞

1千万搾取の京都府警巡査長の氏名や顔画像は?FX損失の穴埋め?70代高齢者をだます?まとめ

特殊詐欺被害を防ぐ側の現職の警察官自身が、職務と称して京都市内の70代の男性宅を訪れその男性が多額の現金を持っていたことを知って

お金をだまし取ってしまうという前代未聞の事件・・

詐欺の疑いで事情聴取を受けている京都府警山科署地域課の30代の男性巡査長は外国為替証拠金取引(FX)を行っていたらしく、

高齢者からだまし取った現金はこの投資で生じた損失の穴埋めに用いられた可能性も・・

特殊詐欺の対策で知り合った70代の高齢男性から1千万円を超える現金をだまし取った疑いがあるとして、府警が詐欺容疑で巡査長を任意同行したことがわかりました。

被害額は・・1200万円!にものぼるそうです・・

「警察官が現金などを受け取りに行くことはない」と、全国の警察が注意を呼び掛けている中で起きた今回の事件。

事実だとしたら・・一体何を信じたら良いのかわからなくなってしまうようなニュースですね・・

スポンサードリンク