ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は誰?電気グルーヴのファン?どんな思いがあったの?

スポンサードリンク







麻薬取締法違反容疑で逮捕、起訴されたテクノユニット・電気グルーヴのピエール瀧被告(52)=本名・瀧正則さん=の判決が18日、東京地裁で行われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されましたね。

ピエール瀧被告、実刑判決を受けることになりましたが・・

弁護士を通じてコメントを発表し「2度とこのようなことを起こさないよう、戒めてまいります」と更生を誓っています。

【黒スーツ、黒のネクタイ姿。一礼をして入廷した瀧被告は、手を前に組み、まっすぐ前を見据えて、裁判官による判決を聞き入った。】

 【裁判官が「人生」と書かれた写真を見せ、「『人生』という言葉の持つ意味を考えてください」と説諭すると、瀧被告は黙ってうなずきながら、その言葉を受け止めていた。】

というピエール瀧被告のニュースを聞いて

シマサウ君
もしかして・・・ピエール瀧被告に「人生」の文字を見せた裁判官は・・・

と思った方も多いと思います。

瀧被告に「人生」と毛筆でしたためられた紙の写真を見せたという裁判官のお名前は?!

なぜ、ピエール瀧さんに「人生」という文字を見せたのでしょう・・

裁判官はどんな思いを告げたのでしょうか?

ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は誰?

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)が18日、東京地裁で懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡されたました。

小野裕信裁判官は判決を述べる中で、

「芸能界のことはよく分かりませんが、薬物を使用していない方が、さらにパフォーマンスが上がるということを世の中の人に見せてほしい」

と瀧被告を励ましたということです。

裁判官が「人生」と書かれた写真を見せ、「『人生』という言葉の持つ意味を考えてください」と説諭すると、黙ってうなずきながら、その言葉を受け止めていたという瀧被告。

ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は「小野裕信(ひろのぶ)裁判官」であることがわかっています。

ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官はどんな思いで「人生」の文字を見せたの?

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の判決公判で、小野裕信裁判官は、判決の言い渡し後、5分以上にわたる異例の説諭をしました。

小野裁判官は瀧被告に問いたいこととして

「人生をどうしたいのか、人生の持つ意味は何なのか」

などと述べ

「復帰できても何年先か分からない。でも、いつか薬物というドーピングがなくても、芝居がいいなどと社会の人から見てくれる日が来ることを切に祈っている」

などと語りました。

「小野裕信(ひろのぶ)裁判官は瀧被告に「人生」と毛筆でしたためられた紙の写真を見せました。

これは瀧被告の自宅の一室に張られているもののようで、瀧被告の作品の中にたびたび出てくる文字であると確認したと説明。

その上でいつか瀧被告が薬物から完全に離れた状態で音楽や芝居を行い、それが世間に認められる日がくることを「切に願う」と呼び掛けました。

 薬物治療の間には「悩んで孤独になることも心配している」と語りかけると

「その時は、『人生』と書いてくれた人の気持ちに応えられているか、胸に手を当てて考えて、今いる場所を見失わないように」と語った小野裁判官。

 この説諭を瀧被告はじっと聞き入り、最後は深々と礼をして、裁判官の言葉を受け止めていたということです・・

ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は電気グルーヴのファンなの?

ピエール瀧被告が最初に石野卓球さんと組んだバンドが「人生」という名前なのです・・

人生(じんせい、ZIN-SÄY!)は、1980年代後半にインディーズで活躍した日本の電気グルーヴの前身にあたるバンド。

ナゴムレコード所属。

そのため電気グルーヴのファンからは

「ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は電気グルーヴのファンなのではないか・・」

「絶対に笑ってはいけない裁判だ」

「この裁判長はファン? 石野卓球のツイッターの反応も意識してるだろ コント?!」

「“Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生”と卓球さんもツイートしていた。この裁判官、めっちゃわかってるな。」

など・・「人生」という言葉に反応した方からの声が続々と寄せられています・・

ピエール瀧に人生の文字を見せた裁判官は誰?電気グルーヴのファン?どんな思いがあったの?まとめ

コカインを使用したとして麻薬取締法違反に問われ、18日に東京地裁(小野裕信裁判官)から懲役1年6カ月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告。

瀧被告は小野裕信裁判官から「人生」の文字を見せられ・・

「『人生』という言葉の持つ意味を考えてください」

 (薬物治療の間には悩んで孤独になることが心配だということに対しては)

「その時は、『人生』と書いてくれた人の気持ちに応えられているか、胸に手を当てて考えて、今いる場所を見失わないように」と励まされていました。

小野裕信裁判官は判決を述べる中で、

「芸能界のことはよく分かりませんが、薬物を使用していない方が、さらにパフォーマンスが上がるということを世の中の人に見せてほしい」

とも述べていますが、その言葉に私も深く同意します・・

ピエール瀧被告は本当にすばらしいミュージシャンであり、俳優さんであり・・

プライベートでは離婚をせず支えてくれる奥様、これからも一緒に暮らす中学生の娘さんのお父さんでもあります・・

絶対にファンや家族を裏切るようなことをしないでほしいです・・

ピエール瀧被告に「人生」の文字を見せた小野裕信裁判官は、本当に電気グルーヴのファンだったかどうかは不明ですが・・

やっぱりジワジワきます・・

ピエール瀧被告に「人生」という言葉は・・もしかして裁判官・・と考えてしまいました。

スポンサードリンク