岡崎貞人の顔画像!一宮町(サーフィンの聖地)でボードを盗んだサーフショップはどこ?

スポンサードリンク







来年の東京オリンピックでサーフィンの会場となる千葉県一宮町にある倉庫から、販売用に保管されていたサーフボード11枚、およそ135万円相当を盗んだとして、47歳の男が窃盗などの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、茂原市新小轡(しんこぐつわ)の会社員、岡崎貞人容疑者(47)です。

岡崎容疑者はことし3月から4月にかけて一宮町にある倉庫に侵入し、サーフボード11枚、合わせておよそ135万円相当を盗んだとして、窃盗などの疑いが持たれています。

「サーフィンの聖地」とも呼ばれ、東京オリンピックのサーフィン会場に決定している千葉県一宮町。

サーフボードが盗まれる被害に遭ったサーフショップは?

135万円相当ものサーフボードを盗んだ岡崎容疑者度はどんな人物なのでしょうか?

サーフボード11枚盗む、会社員逮捕 五輪会場の千葉・一宮町

千葉県一宮町の倉庫からサーフボード11枚を盗んだとして、県警茂原署は20日、建造物侵入と窃盗の疑いで、千葉県茂原市新小轡(しんこぐつわ)の会社員、岡崎貞人容疑者(47)を逮捕した。

岡崎容疑者は調べに対し、「3月中に数回に分けて盗んだ」と容疑を認めている。

逮捕容疑は3月5日~4月14日ごろ、千葉県市川市のサーフボード販売業の女性(50)が管理する一宮町の倉庫に侵入し、サーフボード11枚(販売価格計135万円相当)を盗んだとしている。

女性はサーフボードを一宮町の倉庫に移す直前まで岡崎容疑者が管理する茂原市内の倉庫に預けており、2人は顔見知りだった。

盗まれたサーフボードの一部はネットオークションに出品されており、オークションの差出人などから岡崎容疑者を特定したという。

岡崎容疑者は「20枚くらい盗み、生活費に充てた」と話しているといい、茂原署は余罪があるとみて捜査している。

出典 産経新聞

岡崎貞人の顔画像!

逮捕された茂原市新小轡の会社員、岡崎貞人容疑者は、今年3月から4月にかけて、一宮町のサーフショップの倉庫に侵入し、サーフボード11枚、135万円相当を盗んだ疑いがもたれています。

氏名  岡崎貞人 (おかざき さだと)

年齢 47歳

職業 白子町で働く会社員(元貸し倉庫業)

住所 千葉県茂原市新小轡(しんこぐつわ)

岡崎貞人が一宮町(サーフィンの聖地)でボードを盗んだサーフショップはどこ?

サーフボードが盗まれる被害に遭ったのは一宮町にあるサーフショップ「Modex一宮」の倉庫です。

茂原署によると、岡崎容疑者は3月5日から4月14日までの間、この倉庫に侵入し、サーフボード11枚(135万円相当)を盗んだ疑いがもたれています。

茂原署が20日、岡崎容疑者が働く白子町の倉庫を調べたところ、このうち6枚と、盗難品とよく似たものが数枚見つかったということです。

岡崎容疑者は以前、貸し倉庫業をしていた際にこのサーフショップに倉庫を貸していました。

一宮町の釣ケ崎海岸は2020年東京五輪のサーフィン会場で、海岸沿いの通りにはサーフショップが並んでいます。

一宮町では、3年前に釣ヶ崎海岸が東京オリンピックの競技会場に選ばれて以来、徐々に観光客が増えて去年は63万8000人に上り、町はサーファーなどの受け入れ態勢の整備に力を入れています。

被害に遭ったサーフボード販売会社の社長の女性は「オリンピック開催に向けてみんなが盛り上がっている中、このような事件が起きて本当に残念です」と話していたということです。

岡崎貞人の顔画像!一宮町(サーフィンの聖地)でボードを盗んだサーフショップはどこ?まとめ

「サーフィンの聖地」とも呼ばれ来年の東京オリンピックでサーフィンの会場となる千葉県一宮町の倉庫に忍び込みサーフボードを盗んだとして、茂原署は20日、建造物侵入と窃盗の疑いで、茂原市小轡、会社員、岡崎貞人容疑者(47)を逮捕しました。

岡崎容疑者は

「売って生活費にあてるためにやった」

「3月中に数回にわたって20枚ほど盗んだ」と話しているといい、茂原署が余罪を調べています。

一宮町が「サーフィンの聖地」とも呼ばれ来年の東京オリンピックでサーフィンの会場として世界中から注目を浴びる中で発覚したサーフボード盗難事件

とても残念なニュースですね。

スポンサードリンク