小川遥資(勝也参院議員の長男)の大学は日大藝術学部でスキー部?逮捕歴は何回?

スポンサードリンク







おととし、東京千代田区で女子中学生にわいせつな行為をしようとして、けがをさせたとして、強制わいせつ致傷などの罪に問われた小川勝也参議院議員の23歳の長男に対し、東京地方裁判所は懲役4年を言い渡しました。

小川勝也参議院議員の長男の小川遥資被告(23)は、おととし10月、東京・千代田区の路上で、当時14歳の女子中学生にわいせつな行為をしようとして、口をふさいでけがをさせたほか、保釈された後の去年5月に4人の小学生の体を無理やり触ったなどとして、強制わいせつ致傷など、合わせて6件の罪に問われました。

参議院議員の息子という立場で、きっと裕福な家庭で生まれ育ったのではないかと思われる小川遥資被告、

「強制わいせつ致傷など、合わせて6件の罪」って・・

相当ですね・・

逮捕時にはまだ大学生で21歳だった小川遥資被告は、日藝こと日大藝術学部の学生で部活はスキー部だったようです。

小川遥資(勝也参院議員の長男)の大学は日大藝術学部でスキー部?

小川勝也参議院議員の長男の小川遥資被告は、議員宿舎の近くの路上で女子中学生にわいせつな行為をしようとし、ケガをさせたとして逮捕されています。

当時小川遥資容疑者は、日本大学芸術学部に通う大学生。

住所は東京都千代田区の、「参議院麹町議員宿舎」で、父親の小川勝也議員ら家族と暮らしていました。

小川勝也参議院議員は北海道出身、

小川遥資被告も小さな頃から父の地元で雪に慣れ親しんできたからか、大学ではスキー部に所属し大会にも出場していたということです。

小川遥資(勝也参院議員の長男)の逮捕歴は何回?

小川勝也参院議員(無所属、北海道選挙区)の長男で、連続して女児にわいせつな行為をしたとして強制わいせつ致傷罪などに問われた遥資被告(23)の裁判員裁判の判決が21日、東京地裁でありました。

小森田恵樹裁判長は「被害者はいずれも年少者で、卑劣かつ悪質」と非難し、懲役4年(求刑懲役5年)を言い渡しています。

小森田裁判長は「7カ月という短期間で6回にわたり犯行に及び、うち4回は保釈中だった」と指弾。

「抵抗されにくいという理由で小中学生を狙っており、与えた恐怖感は大きい」と述べました。

小川遥資(ようすけ)被告は小学生女児に対するわいせつ行為で5回にわたり逮捕されています。

2017年11月に、日本大学藝術学部のキャンパスのある所沢でもわいせつ事件で再逮捕されています。

【埼玉県所沢市で2017年10月に発生した小学校低学年の女児を狙った強制わいせつ事件で、埼玉県警所沢署は2017年11月22日、

強制わいせつと暴行の疑いで、東京都千代田区麹町、日大芸術学部2年、小川遥資(ようすけ)容疑者(21)=別の暴行容疑で逮捕=を再逮捕しました。

小川容疑者は小川勝也参院議員の長男。

再逮捕容疑は、10月20日午後3時50分~4時ごろ、所沢市の路上で、帰宅途中の小学校低学年の女児2人の体を触ったとしている。

小川容疑者は「小学校低学年の女児に興味があった」などと供述し、容疑を認めています。

11月2日、小川容疑者を暴行容疑で逮捕していました。

この際の逮捕容疑は、10月31日午後4時ごろ、所沢市内の路上で、徒歩で帰宅途中の小学校低学年の女児の服をつかんで転倒させたとしている。

その後、容疑を強制わいせつ未遂に切り替えて送検していた。

小川議員は北海道選出で現在4期目。

長男の逮捕を受け、11月2日、民進党に離党届を提出していた。】

出典 産経ニュース

小川遥資(勝也参院議員の長男)の大学は日大藝術学部でスキー部?逮捕歴は何回?まとめ

小川勝也参議院議員の長男・小川遥資被告(23)はおととし10月、わいせつな行為をしようして女子中学生の口をふさいだ際に転倒させてけがをさせた罪や5人の小学生の女の子の体を触るなどした罪に問われています。

初公判で、小川被告は起訴内容を一部否認していました。

21日の判決で、東京地裁は「連続的かつ常習的な犯行」「被告の刑事責任は相当に重い」と指摘し、小川被告に懲役4年を言い渡しました。

スポンサードリンク