小林誠が通話した公衆電話は横須賀市のどこ?幸地大輔や女性と潜伏のアパートとの距離は?

窃盗などの罪で実刑が確定したのに収容されるのを拒んで逃走していた神奈川県愛川町の無職、小林誠容疑者(43)

23日朝、ついに身柄が確保されましたね。

小林誠容疑者は今月19日以降、身柄の収容のため自宅を訪れた横浜地検職員らを振り切り、刃物を所持したまま逃走を続けていました。

小林容疑者は神奈川県横須賀市森崎4のアパートの一室に潜んでいました。

県警は、捜査中と知りながら容疑者をかくまったとして、容疑者の知人でこの部屋に住む自称建築業の幸地大輔容疑者(38)を犯人蔵匿容疑で逮捕。

アパートには小林誠、幸地大輔の他にも数名の女性がいて逮捕時には女性の悲鳴が聞こえたそうです・・

小林容疑者はこれまでの4日間、知人宅を転々としていたとみられ、地検や神奈川県警が詳しい足取りを調べています。

「公衆電話から小林容疑者が電話をかけてきた」という通報があったこと、

「小林容疑者に似た人物が横須賀市内の公衆電話を使っているという通報を受け、県警が該当する公衆電話を調べると、容疑者の指紋が検出された」

から、小林誠容疑者が横須賀市に潜伏していることが明らかになったようです。

小林誠容疑者は横須賀市のどのあたりで公衆電話から通話していたのでしょうか?

小林誠が通話した公衆電話は横須賀市のどこ?

小林誠容疑者の逮捕の決め手となったのは

「小林容疑者に似た人物が横須賀市内の公衆電話を使っているという」通報があったことでした。

小林誠が通話した公衆電話は横須賀市のどのあたりなのでしょう?

なぜわざわざ外に出て公衆電話を使ったのかが個人的にかなり気になりました・・

お金のことや今後の逃走計画のことで切羽つまってたんでしょうか・・

小林誠が知人男性と電話をしたとされる横須賀市の公衆電話と、幸地大輔や女性と共にいた横須賀市森崎のアパートは近いのでしょうか?

報道によると、

【小林容疑者は23日午前1時頃、横須賀市公郷(くごう)町の公衆電話から知人男性に電話をかけていた。】

【この知人から連絡を受けた県警は、他の捜査情報と併せ、電話の発信元が横須賀市内だと判断。】

警戒中の警察官が公郷町の公衆電話付近で小林容疑者に似た男を目撃し、追跡中に見失ったものの、受話器などから採取した指紋が小林容疑者と一致したとういことがわかっています。

横須賀市公郷町は1丁目から6丁目まであり、エリアとしてはかなり広いようです。

小林誠が通話した公衆電話と幸地大輔や女性と潜伏のアパートとの距離は?

小林誠容疑者が公衆電話で通話した場所は「横須賀市公郷(くごう)町」です。

衣笠通りという通り沿いにある「公郷1丁目バス停」と道路を挟んで反対側にあり、近くには横須賀土木事務所などがあります。

潜伏していたアパートは横須賀市森崎4丁目35「ハイツひまわり」です。

この公衆電話と小林誠容疑者が潜伏していたアパートとの距離は約350mということです。

歩いて5分もかからないくらいの距離ですね。

小林誠容疑者は誰かと連絡をとるため、最寄りの公衆電話を使用した、ということでしょうか。

横須賀市公郷(くごう)町にある公衆電話から、横須賀市森崎4丁目のアパートまで小林誠容疑者は徒歩で移動したのでしょうか・・

もしくは、かくまってもらった幸地大輔容疑者らに送迎してもらったのか・・

「警戒中の警察官が公郷町の公衆電話付近で小林容疑者に似た男を目撃した」ということですが・・

今時夜中の1時に携帯電話じゃなく公衆電話で、高齢者でなく見た目が若い男性が通話していたら、、かなり目立ちそうですが・・

小林誠が横須賀市内に潜伏とSNSでうわさになっていた?

小林容疑者が身柄を確保されたのは神奈川県横須賀市森崎4丁目のアパート(ハイツひまわり)で、小林容疑者の自宅がある愛川町から南東に45キロ余り離れています。

横須賀市の中心地からは南に4キロほど離れていて、付近には住宅やアパートが建ち並んでいます。

小林容疑者が確保された横須賀市森崎4丁目のアパート近くに住む70代の女性は

「小林容疑者が確保されたアパートの前の道で、きょう午前0時すぎに、息子が容疑者に似た男が歩いているのを目撃したと言っていました。

ふだんは人通りの少ない道なので不審に思ったようです。近くで確保されたと聞いて驚いています」と話し、

小林容疑者が確保された横須賀市のアパート近くを自転車で通りかかった40代の男性は、

「SNSを通して横須賀市内にいるといううわさがきのうからあり、もしかしたらとは思ったが、こんなに近くにいたとは驚いた。ようやく捕まってよかった」

現場のアパートから5分ほどの場所に住む70代女性は

「娘が愛川町にいるので、心配していたが、まさか横須賀市にいるとは思わなかった。この辺りはふだん静かな場所なので、潜伏するにはいい場所だと思ったのかもしれない」と話していたということです。

小林誠が通話した公衆電話は横須賀市のどこ?幸地大輔や女性と潜伏のアパートとの距離は?まとめ

実刑判決の確定後、刑務所収容前に逃走した小林誠容疑者(43)が公務執行妨害容疑で逮捕された事件で、逮捕の約5時間半前の23日未明、小林容疑者が神奈川県横須賀市公郷(くごう)町の公衆電話を使い、その情報などを基に、県警が潜伏先を割り出したことが分かりました。

小林容疑者に似た人物が横須賀市公郷(くごう)町の公衆電話を使っているという通報を受け、県警が該当する公衆電話を調べると、容疑者の指紋が検出されました。

近くには県警が容疑者の知人宅として把握していた幸地大輔容疑者の部屋があり、県警は23日早朝から、容疑者がここに潜伏しているとみて捜査していたということです。

小林容疑者が逮捕された横須賀市森崎のアパート周辺では23日、規制線が張られ、普段は閑静な住宅街は騒然となっていたようです。

逃走から5日弱ほどが経過してしまいましたが、容疑者が逮捕されて、近隣の住民の方はとにかくホッとされていると思います。

明日からようやく日常の生活に戻ることができそうですね・・