大野和男(東京都市大教授)の経歴や顔画像は?執行猶予中に逮捕され判決後も講義?

スポンサードリンク







東京都市大学人間科学部教授が「覚醒剤所持容疑」で逮捕されました。

逮捕されたのは、東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51歳)です。

有罪判決を受けて執行猶予中だったという大野和男容疑者、

芸能人、高級官僚などの違法薬物に関する事件が相次いでいますが・・

大学教授までも覚せい剤所持で逮捕されるという事態に・・

東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者とはどんな人物なのでしょうか?

スポンサードリンク







目次

東京都市大教授を逮捕・起訴 覚醒剤所持と使用の疑い/h2>

東京都内の大学教授が今月、新宿区の路上で覚醒剤を持っていたなどとして逮捕・起訴されました。

逮捕・起訴されたのは、東京 世田谷区にキャンパスがある東京都市大学人間科学部の教授、大野和男被告(51)です。

大野教授は今月2日未明、東京 新宿区の路上で微量の覚醒剤を持っていた罪や、使用した罪に問われています。

警視庁によりますと、1人で歩いていた様子を不審に思い捜査員が職務質問したところ、リュックサックの中から覚醒剤や使用するための道具が見つかったため、その場で逮捕したということです。調べに対して、覚醒剤を使っていたと認めているということです。

大野教授は、去年も覚醒剤を持っていたとして逮捕・起訴され、その後、有罪判決を受けて執行猶予中だったということです。

勤務先の東京都市大学は「教授は学生からの評判もよく、有罪判決を受けていたことは把握していなかった」としたうえで、「事実関係を確認し厳重に対処する」とコメントしています。

出典 NHK

大野和男(東京都市大教授)の経歴や顔画像は?

氏名 大野和男

年齢 51歳

職業 東京都市大学人間科学部教授

専門分野は発達心理学など

住所 不明

大野 和男(おおの かずお)

職名:教授

学位:博士(心理学)

専門分野・テーマ

<発達心理学と保育領域の双方に関係する研究>
・「保育者アイデンティティの形成過程」というテーマで、学生のみなさんが、「保育者になっていく」過程について検討。
・「クラス集団の中での子どもの発達と関係性」について、保育者がひとりひとりの子どもを、そして集団としてのクラスをどのような視点で見ているのかについて検討。

出典  東京都市大学|学部・大学院・研究所|人間科学部|教員一覧

東京都市大学は、東京都世田谷区玉堤1-28-1に本部を置く日本の私立大学。

2009年に大学名称を武蔵工業大学から東京都市大学に改称。

系列校の東横学園女子短期大学を統合、社会科学系の都市生活学部(都市生活学科)と人間科学部(児童学科)を新設。

人間科学部は「等々力キャンパス」(東京都世田谷区等々力8丁目9−18)

【大野和男 発達心理学】で検索してみると

検索結果の1位には「大野 和男 – 研究者 – researchmap」という検索結果が出てきます。

上記のデータが、東京都市大学人間科学部の大野和男教授の経歴の可能性があります。

学歴は

2000年東京都立大学 人文科学研究科 心理学
1993年福島大学 教育学研究科 教育心理学
1990年岩手大学 人文社会科学部 行動科学専攻

となっています。

経歴には「1999年 東横学園女子短期大学,非常勤講師」とあります。

東横学園女子短期大学と、現在の所属している東京都市大学(旧 武蔵工業大学)の設置者は「学校法人五島育英会」です。

学園女子短期大学は2009年に廃止されていますが、東急グループ(傘下の学校法人五島育英会が運営)に属する短大の一つでした。

大野和男(東京都市大教授)は執行猶予中に覚せい剤を所持した?

東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者は昨年4月にも覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されています。

現在は有罪判決を受けて執行猶予中だったということです。

大野容疑者は昨年4月1日付で東京都市大教授に着任直後の4月下旬、覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕され、有罪判決を受けて執行猶予中でした。

大野容疑者は大学側に一切報告をしておらず、大学側も事実を知ることのないまま、教授として、講義やゼミを続けさせていたという事実も発覚しています。

大野容疑者は発達心理学などが専門で心理学の講義以外に約10人と少人数の「保育学・発達学研究室」のゼミも担当。

大学広報は「勤務状態などに問題はなく、学生の評判もいい教授と認識していました」と語っています。

大学教授が・・執行猶予中にまた覚せい剤に手をだしてしまった・・ということなのでしょうか・・

大野和男(東京都市大教授)の経歴や顔画像は?執行猶予中に逮捕され判決後も講義?まとめ

東京都市大学の「人間科学部教授(専門は発達心理学など)」、大野和男容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていたことがわかりました。

大野和男容疑者は昨年4月にも覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されており、有罪判決を受けて執行猶予中だったということです。

調べに容疑を認めているとのこと・・

「発達心理学」が専門の大学教授も覚せい剤に手を染めてしまうんですね・・

スポンサードリンク