幸地大輔も覚せい剤陽性反応?小林誠は仲間の部屋にかくまわれた?女性や子供との関係は?

スポンサードリンク







保釈後に窃盗罪や覚醒剤取締法違反などで実刑判決が確定した神奈川県愛川町、小林誠容疑者(43)が刑務所収容前に逃走し、逮捕された事件。

小林容疑者と、横須賀市森崎のアパートに小林誠をかくまっていた知人の自称建築業、幸地大輔容疑者(38)の尿からも覚醒剤の陽性反応が出たことがわかりました。

幸地大輔容疑者家の捜索では、複数の注射器や覚醒剤を使用するための吸引器具が見つかり、県警が両容疑者の尿検査をした結果、いずれも覚醒剤の陽性反応が出たということです。

小林容疑者をかくまったとして逮捕された幸地大輔容疑者(38)は「初対面だった」と供述しているということですが・・

初対面ではなく以前からの仲間だったのでしょうか・・

2人の逮捕時に幸地大輔容疑者の部屋に複数いたという「女性」や「子供(幼児)」は、2人とどんな関係だったのでしょうか・・

スポンサードリンク







幸地大輔も覚せい剤陽性反応?小林誠は覚せい剤仲間の部屋にかくまわれた?

神奈川県で実刑判決が確定した小林誠容疑者が逃走し逮捕された事件。

逮捕後に小林容疑者の尿を検査したところ、覚せい剤の陽性反応が出たことが新たにわかりました。

小林容疑者のアパートからは使用した痕跡のある注射器も見つかっています。

警察などは、小林容疑者が覚せい剤を使っていた事実が発覚するのを恐れて逃走した可能性もあるとみています。

また、その後、横須賀市森崎のアパートに小林誠をかくまっていた知人の自称建築業、幸地大輔容疑者(38)の尿からも覚醒剤の陽性反応が出たことがわかりました。

警察は小林容疑者が覚醒剤取締法違反の罪で実刑判決を受けていることを踏まえ、小林容疑者と幸地容疑者がもともと覚醒剤を使う仲間だったのではないかとみて調べを進めています。

潜伏先知人(幸地大輔)が覚醒剤の使用認める 注射器押収、覚醒剤通じ元々知り合いか

神奈川県で実刑確定後に男が逃走した事件で、男をかくまった疑いで逮捕された男は覚醒剤を扱っている可能性が高い暴力団の元組員で、2人が覚醒剤を通じて元々知り合いだったとみられることが分かりました。

小林誠容疑者(43)は神奈川県愛川町の自宅から刃物を持ったまま逃走し、4日後の23日朝、神奈川県横須賀市内のアパートで逮捕されました。

その後の捜査関係者への取材で、小林容疑者をかくまったとして逮捕された幸地大輔容疑者(38)は、覚醒剤などを扱っている疑いの強い暴力団の元組員だったことが新たに分かりました。

アパートからは覚醒剤をあぶるためのパイプや注射器が見つかっていて、小林容疑者から覚醒剤の陽性反応が出ています。

幸地容疑者は「初めて会った」と供述していますが、警察は2人が覚醒剤を通じての元々の知り合いだったとみて調べています。

出典 テレビ朝日系(ANN)

小林容疑者をかくまったとして逮捕された幸地大輔容疑者(38)は覚醒剤の使用を認める供述をしていることもわかっています。

幸地大輔のアパートにいた複数の女性と子供(幼児)と容疑者らとの関係は?

小林誠容疑者が横須賀市森崎のアパートで身柄を確保された時、このアパートには逮捕された小林容疑者、小林容疑者をかくまっていた幸地大輔容疑者以外に、複数の女性、子供がいたことがわかっています。

小林容疑者が逮捕された横須賀市森崎4丁目のアパート周辺は、静かな住宅街、

近くに住む男性によると、部屋の中には他にも男女がおり、「弁護士を呼べ」「何でおまえら来たんだよ」などと叫び、子どもの泣き声もしたということです。

アパートの1室にいたとされているのは

【小林容疑者、

4~5歳の女児をおぶった20~30代の女性、

アパートの住人の幸地容疑者

他に20~30代女性

50~60代男性がいた。

女性は「弁護士を呼べ」「約束が違う」などと30分以上、大きな声をあげていた。

男性は警察関係者と話していたという。

アパートの住民で、小林容疑者をかくまったとして逮捕された小林容疑者の知人、幸地大輔容疑者(38)以外、誰も見たことがなかったという。

男性によると、幸地容疑者は約2年前に引っ越してきて、1人暮らし。】

だということががわかっています。

この報道からすると

小林誠容疑者

幸地大輔容疑者

20~30代の女性

4~5歳の女児

20~30代女性

50~60代男性

と、女児を含めて6人が、幸地大輔容疑者のアパートにいたことになりますね・・

幸地大輔容疑者のアパートにいた複数の女性、女児、50~60代男性と、容疑者らとの関係が気になりますね・・

「弁護士を呼べ」「約束が違う」などと30分以上、大きな声をあげていたという女性が

「(逮捕されるのは)誠だけだって言ったよね?」などと言っていることもわかっています。

この女性は小林容疑者を下の名前で「誠」と呼んでいるということは、、小林容疑者と面識があったのかもしれません。

幸地大輔容疑者のアパートの捜索では、複数の注射器や覚醒剤を使用するための吸引器具が見つかっているということですが・・

そんな状態の部屋に「4~5歳の女児」がいた、というのが衝撃的です・・

20~30代の女性におぶわれていたという「4~5歳の女児」はこの女性の子供なのでしょうか・・

同じ室内にいたということは、幸地大輔容疑者が同居している子供だという可能性もあるかもしれません。

幸地大輔も覚せい剤陽性反応?小林誠は仲間の部屋にかくまわれた?女性や子供との関係は?まとめ

神奈川県愛川町で実刑が確定した男が逃走した事件で、逮捕された男の尿から覚醒剤の陽性反応が出ていたことが分かりました。

小林誠容疑者(43)は19日、愛川町の自宅から刃物を持ったまま逃走し、23日朝に横須賀市内のアパートにいるところを逮捕されました。

警察が潜伏先のアパートを捜索したところ、室内から注射器やパイプが見つかりましたが、その後、小林容疑者の尿の簡易鑑定で覚醒剤の陽性反応が出ていたことが分かりました。

また、横須賀市森崎のアパートに小林誠をかくまっていた知人の自称建築業、幸地大輔容疑者(38)の尿からも覚醒剤の陽性反応が出たことも新たにわかっています。

警察は現在、本鑑定を行っていて、今後、覚醒剤使用の疑いでも捜査する方針です。

スポンサードリンク