著作権法違反の疑い近大准教授は誰?法学部のホープで1982年生まれ?教科書に無断転載?

スポンサードリンク







近畿大学法学部の男性准教授・A氏が、民法などの教科書5冊で別の文献から無断転載を行い、著作権法違反の疑いがあることが「週刊文春」によって報道されています。

准教授は現在、自宅待機となっています。

近畿大学の一般入試の志願者数はのべ15万人を突破し、6年連続の日本一。志願者数は10年で約2倍に伸びています。

入学式や卒業式の豪華な演出や著名人が登場していることでも話題ですよね。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いというイメージの近畿大学の「法学部のホープ」とも言われている准教授に著作権法違反の疑い?

1982年生まれと言うと・・まだ30代半ばの若い准教授でしょね・・

週刊文春は「近畿大学法学部の男性准教授・A氏」と報道していますが・・

教科書に無断転載した近大准教授の名前が気になります・・

近大准教授が著作権法違反の疑い「教科書5冊で無断転載」

近畿大学法学部の男性准教授・A氏が、民法などの教科書5冊で別の文献から無断転載を行い、著作権法違反の疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かった。

1982年生まれで、“近大法学部のホープ”と呼ばれてきたA氏。

無断転載に関して6月14日付で神田宏法学部長宛に提出した「顛末書」によれば、A氏の講義に指定されている学内向け教科書『日本社会システム論』について

〈50頁程度の無断転載をしている事実に気付き〉、

大学側に自己申告したという。

別の学内向け教科書『親族相続法』にも、自身が一部執筆に関わった『ロードマップ民法(5)親族・相続』から

〈12箇所40頁程度(うち、6頁は私が執筆担当した部分)にのぼる同一記述があり、引用を超える無断転載がある〉

 と申告した。

さらにA氏が一部執筆した学外向け教科書『ロードマップ民法(2)物権』など3冊についても、〈引用の範囲を超える無断転載があると認めざるを得ない〉と申告している。

 准教授に電話で話を聞いた。

――なぜ盗用を。

「それは……公にされると困るので答えられません」

――大学の調査結果待ちか。

「私は処分の結果を待ちますので。ご迷惑をおかけした人には謝罪と対応をしていきます。私としては(大学に)残れるのであれば、残りたいと思っています」

 近畿大学広報室に事実関係を尋ねたところ、以下のように回答した。

「顛末書に記載されている内容に関しては調査中のため、現段階ではお答えできません。(2冊の学内向け教科書は)費用は学費に含まれております」 

 研究不正に詳しい近畿大学医学部講師の榎木英介氏はこう指摘する。

「数頁の盗用でも著作権法違反にあたるが、50頁ともなれば、意識が低すぎると言わざるを得ません」

 研究者倫理の問題が社会的な関心事となる中、近畿大学の今後の対応が注目される。

出典 文春オンライン

著作権法違反の疑い近大准教授は誰?法学部のホープで1982年生まれ?

【近畿大学 法学部准教授 1982年生まれ】

という条件でヒットすると、下記のサイトに掲載されている1982年生まれの近畿大学法学部准教授がいることがわかります。

近畿大学 法学部准教授 1982年生まれ 検索結果 西内祐介氏

シマサウ君

所属 近畿大学

部署 法学部 法律学科

職名 准教授

学位 法学修士(九州大学)

学歴

2006年4月 – 2009年3月 九州大学大学院法学府博士課程 民刑事法学(民法)専攻
2004年4月 – 2006年3月九州大学大学院法学府修士課程 民刑事法学(民法)専攻
2000年4月 – 2004年3月九州大学 法学部

経歴

2014年4月 – 現在 近畿大学法学部 准教授
2011年4月 – 2014年3月 近畿大学法学部 講師
2009年4月 – 2011年3月 九州大学大学院法学研究院 助教

「近大准教授が著作権法違反の疑い 教科書5冊で無断転載」という文春オンラインに掲載された記事の

「A氏が一部執筆した教科書」の写真に掲載されていた「ロードマップ民法」の著者としてこの准教授の名前がありました。

週刊文春で准教授が盗用した本として名前が挙げられているのは、

「ロードマップ民法(2)物権」

「ロードマップ民法(5)親族・相続」

の2冊です。

ロードマップ民法2-物権-
小川 富之, 矢田 尚子, 梁田 史郎, 福本 布紗, 小西 飛鳥, 竹田 智志, 西内 祐介, 城内 明, 大島 一悟, 町田 余理子 (担当:共著)

ロードマップ民法5-親族・相続
小川 富之, 遠藤 隆幸, 後藤 亜季, 古川 瓔子, 生駒 俊英, 色川 豪一, 西内 祐介, 且井 佑佳, 宮本 誠子, 足立 文美恵, 水野 貴浩, 金 亮完 (担当:共著)

この2冊の著書に名前があり、近畿大学の「准教授」であるのは「西内祐介氏」です。

小川富之氏も両方の教科書の著者名に名前があるのですが、小川富之氏は1956年生まれで「近畿大学法学部教授」ですので「若きホープ」ではなさそう・・

そして・・「近畿大学法学部の男性准教授(1982年生まれ)」の西内祐介氏」情報が、近畿大学の公式サイトから削除されているようで、、

現時点で閲覧することができませんでした。

西内 祐介(法学部 法律学科 / 法学研究科 ) – 近畿大学 教員一覧

また、ご本人にんと思われるTwitterのアカウントも削除されているようです・・

著作権法違反の疑い近大准教授は誰?法学部のホープで1982年生まれ?教科書に無断転載?まとめ

近畿大学法学部の男性准教授・A氏が、民法などの教科書5冊で別の文献から無断転載を行い、著作権法違反の疑いがあることが「週刊文春」によって報道されています。

30代半ばで「近大法学部のホープ」とも言われている若き准教授が、「盗用」の疑いとは・・

1982年生まれで、近大法学部のホープと言われている准教授、

一部執筆した教科書の名前が「ロードマップ民法」である男性准教授について調べてみると

西内祐介さんというお名前の准教授がいることがわかりましたが・・

現在近大の公式サイトから情報も削除されているようです・・

スポンサードリンク