高速を167km走行の和歌山県警巡査は誰?交通機動隊員なのに暴走?氏名や年齢は?

和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査が先月、和歌山市内の高速道路で制限速度を大幅に上回る時速167キロで車を運転したとして、道路交通法違反の疑いで書類送検されていたことがわかりました。

「交通機動隊員」って・・

普段市民の違反を取り締まる側の方なんじゃ・・

一番違反をやってはいけない方の立場の方がなぜ・・

「警察24時」などに良く取り上げられる「交通機動隊員」、その「交通機動隊員」が速度違反で書類送検・・・?!

書類送検された和歌山県警察本部の交通機動隊に所属していた20代の巡査、

なぜ167kmで高速(阪和道)を暴走してしまったんでしょうか・・

和歌山県警察本部の交通機動隊所属の巡査の氏名、年齢は明らかになっているのでしょうか?

高速を167km走行の和歌山県警巡査は誰?氏名や年齢は?処分内容は?

和歌山県警交通機動隊に所属していた男性巡査(23)が5月、県内の高速道路で法定速度を87キロ上回る時速167キロで車を運転したとして、県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検されていたことが明らかになりました。

送検は5月24日付です。

和歌山県警は巡査を減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、別の部署に異動させたが、公表していないということです。

巡査の氏名については公表されていませんでした。

氏名 不明

年齢 23歳

職業 和歌山県警 巡査 (元交通機動隊 現在は別の部署に異動)

年齢 23歳

交通機動隊に所属の巡査が阪和道を167kmで暴走?処分は減給の懲戒処分?

和歌山県警交通機動隊に所属していた男性巡査(23)は非番だった5月9日夜、法定速度が時速80キロの阪和道を乗用車で時速167キロで走行した疑いが持たれています。

大阪へ知人に会いに行った帰りだったとのこと。

「オービス」と呼ばれる取締り装置に速度違反が記録されていたということで、巡査は先月24日、道路交通法違反の疑いで書類送検されました。

当時、巡査は勤務時間ではなく、現在は交通機動隊から別の部署に異動していて、減給の懲戒処分を受けたということです。

和歌山県警交通機動隊員が高速を167kmで暴走で書類送検 ネットの意見は?

交通機動隊員が書類送検される、

交通機動隊員が167kmで高速を暴走・・

なんとも信じがたいニュースですが・・ネット上ではどんな意見があるのでしょうか?

高速を167km走行の和歌山県警巡査は誰?交通機動隊員なのに暴走?氏名や年齢は?まとめ

和歌山県警交通機動隊に所属していた男性巡査(23)が5月、県内の高速道路で法定速度を87キロ上回る時速167キロで車を運転したとして、県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検されていたことが明らかになりました。

巡査は先月9日の深夜、和歌山市内の阪和自動車道で制限速度を90キロ近く上回る時速167キロで車を運転していたとして、スピード違反で検挙されたということです。

大坂の知人に会いに行って、深夜に暴走・・

「急いでいた」のかもしれませんが・・自分の立場を考えてほしいですね・・