明浄学院の前女性理事長は誰?氏名は?大阪観光大学運営資金を私的流用?仮想通貨購入?

スポンサードリンク







大阪観光大学などを経営する学校法人「明浄学院」のの前女性理事長が、運営資金1億円を流用し仮想通貨を購入した疑いがあることが分かりました。

学校法人「明浄学院」の前理事長の女性は去年4月、大学の運営資金1億円を関連会社の口座に振り込み、

その後、口座から1億円を引き出して仮想通貨の購入に充てました。

1億円の送金について法人の理事会で議決などは行われておらず、仮想通貨の価格が下落したことにより多額の含み損が発生している可能性も・・

女性はすでに法人の理事長を辞任していますが、1億円の投資について「学校のために行った」と説明しているということです。

文科省は昨年度、およそ1億3500万円の補助金を明浄学院に交付していて、

理事会などで適切な意思決定が行われたのかどうか、事実関係を調査しています。

シマサウ君
大学の運営資金(1億!)で仮想通貨購入?
シマサウ君
1億円私的流用?!
シマサウ君
そもそも・・【大阪観光大学】って・・はじめてきいた

大阪観光大学などを経営する学校法人「明浄学院」のの前女性理事長とは?

氏名などはわかっているのでしょうか?

明浄学院の前女性理事長は誰?氏名は?

大阪観光大学などを経営する学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で発覚した1億円流用疑惑。

前理事長の女性の氏名は公表されいませんが「61歳の女性」ということです。

調べてみると・・

明浄学院の前女性理事長である可能性がある女性がいることがわかりました。

明浄学院の公式サイトによると、

女性の理事長(大橋美枝子氏)が、2019年6月22日付辞任となっています。

そして、

明浄学院の新理事長に米国マイクロソフト元副社長・ アスキー元社長の西 和彦氏が就任しています。

ただ、6月22日付で辞任している女性理事長(大橋美枝子氏)よりも以前に理事長だった女性が、

今回の1億円流用疑惑の前理事長だったというケースもあるかもしれませんので、特定はできませんでした。

追記

一連の取引が法人内で問題視され、前理事長は6月22日付で辞職。

明浄学院によると、

前理事長は「系列高校の新校舎建設計画があり、資金を増やしたかった」と説明している。

関連会社は昨年6~9月に3回に分け、計9千万円を返金。仮想通貨は暴落し、現在は約20万円の価値しかなくなった。

報道によると女性理事長は「6月22日付で辞職。」

とあります。

大坂観光大学の大学の運営資金「1億円」を『仮想通貨』に流用したとされている前理事長は、

学校法人明浄学院理事長を6月22日に辞任している大橋美枝子氏であるようです。

大阪観光大学とは?

大阪観光大学とは・・

大阪府熊取町にある大阪観光大学。

観光業界で活躍する人材を育てる目的で設立され、約800人の学生が学んでいます

大阪府泉南郡熊取町大久保南5-3-1に本部を置く日本の私立大学。

2000年に設置された。

大学の略称は大観大。

1985年開学の大阪明浄女子短期大学を改組転換し2000年に設置された大阪明浄大学が2006年に名称変更。

2013年4月に国際交流学部国際交流学科を設置。

名称が日本で唯一の観光大学。

大阪府泉南郡熊取町大久保南5丁目3-1

観光学部

国際交流学部

大阪観光大学運営資金を私的流用?仮想通貨購入?

大阪の学校法人の前理事長が、学校の運営資金1億円を関連会社に振り込むよう職員に指示し、仮想通貨の購入に流用していた疑いがあることがわかりました。学校法人は7月2日午後に会見を開きました。

 関係者によりますと、学校法人明浄学院の前理事長は去年4月、理事会にはからずに法人が運営する大阪観光大学の運営資金1億円を、自身が取締役を務める関連会社に振り込むよう指示。1億円は同じ日に関連会社の職員が現金で引き出していました。

 MBSが入手した経理資料には「仮想通貨取得のため」と書かれ、前理事長から職員に宛てたメールには「口外一切なしでお願いします」と書かれていました。

 文部科学省は去年、大学に対して約1億3000万円の補助金を交付。大阪府も法人が運営する高校に約2億円の補助金を交付していました。学校法人は2日午後、会見を開きました。

 「報道のとおり、1億円は理事会の決議なしで支出されておりました。こういうことで世の中をお騒がせしたこと、大変申し訳なく思っております。」(学校法人明浄学院 西和彦理事長)

 文部科学省は「学校側から事情を聞いて事実関係を確認したい」としており、大阪府も調査に乗り出すことを明らかにしました。

出典 MBSニュース学校法人前理事長が1億円を仮想通貨購入に流用か 「口外一切なしで」と職員に指示も

明浄学院の前女性理事長は誰?氏名は?大阪観光大学運営資金を私的流用?仮想通貨購入?まとめ

大阪観光大学などを経営する学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)で発覚した1億円流用疑惑で、

大学の運営資金で購入したとされる仮想通貨(暗号資産)の取引価格が暴落し、ほぼ無価値になっていることが、法人関係者への取材で判明しました。

前理事長(61)の指示を受けて仮想通貨を購入したとされる理事は先月に開かれた法人の会合で、指示を認めた上で「約1億円の含み損が発生している」と釈明したということが明らかになっています。

スポンサードリンク