エバートロン(Dr.Fry販売会社)が脱税?田中久雄社長の経歴は?仮想通貨購入で所得隠し?

スポンサードリンク







架空の代理店手数料を計上し、約4700万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反の疑いで、東京都港区の調理器メーカー「エバートロン」と田中久雄社長(64)を東京地検に告発していたことがわかりました。

東京都港区の調理器メーカー「エバートロン」は、電波振動で揚げ物をおいしく調理できるという「Dr.Fry(ドクターフライ)」の製造で知られています。

隠した収入は田中社長が自社株や暗号資産(仮想通貨)、高級車などの購入に充てていたということです・・

スポンサードリンク







調理器具会社、「エバートロン」(東京都港区)が4700万円脱税容疑 東京国税局が告発

調理器具の販売やレンタルを手掛ける「エバートロン」(東京都港区)が2018年3月期に約1億9200万円の所得を隠し、脱税したとして、東京国税局が同社と田中久雄社長(64)を法人税法違反容疑で東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、同社は調理器具を顧客に直接販売した場合でも、代理店に手数料を支払ったように帳簿を操作するなどして利益を少なく見せかけ、約4700万円を脱税した疑いがある。

 ホームページや信用調査会社などによると、同社は「電波振動」などの独自技術によって揚げ物が上手にできるという業務用のフライヤーを13年に発売。17年に改良品の「Dr(ドクター).Fry(フライ)2」を出したところ、テレビ番組や雑誌などで紹介されて売り上げが急増。18年3月期は前年同期の4倍弱の約6億7500万円にのぼったという。

 隠した収入は田中社長が自社株や暗号資産(仮想通貨)の購入に充てていたという。田中社長は取材に「製品開発に傾注し、資金調達や経理面の対応がおろそかになっていた。当局の指導に従い修正申告した」とコメントした。

出典 朝日新聞デジタル

エバートロン(Dr.Fry販売会社)が脱税?田中久雄社長の経歴は?

エバートロン社長の田中久雄氏について、現時点でわかっている経歴です。

出身地、出身高校、大学(学歴)や職歴などは現在調査中です。

新たにわかり次第追記します。

出典 先駆者たち 田中久雄 エバートロン社長(戦略経営者) – goo ニュース

たなか・ひさお

1986年、ジェームズ・ダイソンとのライセンス契約において世界で初めてダイソンの掃除機を製造発売。

91年、株式会社サイクロンジャパン代表取締役。

2010年、株式会社エバートロン代表取締役(現任)

出典 先駆者たち 田中久雄 エバートロン社長(戦略経営者) – goo ニュース

エバートロン(Dr.Fry販売会社)が脱税?田中久雄社長は隠した収入で高級車や仮想通貨購入?

「エバートロン」と田中久雄社長(64)は、技術がなくてもおいしい揚げ物が作れるフライヤーとして人気となった「Dr.Fry2」の売り上げなど、1年間の所得およそ1億9,200万円を隠し、法人税などおよそ4,700万円を脱税した疑いが持たれています。

隠した収入は田中社長が自社株や暗号資産(仮想通貨)高級車などの購入に充てていたということがわかっています。

エバートロンが販売しているドクターフライって何?

東京都港区の調理器メーカー「エバートロン」は

電波振動で揚げ物をおいしく調理できるという「Dr.Fry(ドクターフライ)」の製造で知られます。

ドクターフライは業務用フライヤーに付ける調理器で、水分子の構造を変えることでおいしい揚げ物を短時間で作ることができるという調理器具。

2013年に発売され、国内外の飲食店やスーパーの総菜売り場などで約5000台が使われています。

エバートロンの17年3月期の売り上げは1億7800万円でしたが、18年は6億7500万円、19年は8億9000万円と急成長ししていました。

「株式会社エバートロン」と田中久雄社長は、揚げ物をおいしく調理できるとテレビ番組などで紹介された調理器具を、実際は直接、客に売っていたのに、

代理店に手数料を払って販売したかのように装い、所得を少なく申告したということです。

エバートロン(Dr.Fry販売会社)が脱税?田中久雄社長の経歴は?仮想通貨購入で所得隠し?まとめ

テレビ番組で取り上げられヒット商品になった「フライヤー」を販売する会社などが、脱税の疑いで東京国税局から刑事告発されたことがわかりました。

東京・港区の「エバートロン」と田中久雄社長(64)は、

技術がなくてもおいしい揚げ物が作れるフライヤーとして人気となった「Dr.Fry2」の売り上げなど、1年間の所得およそ1億9,200万円を隠し、法人税などおよそ4,700万円を脱税した疑いが持たれています。

脱税した金は、株や仮想通貨の購入や高級車などに使われたとみられ、田中社長は「修正申告を済ませ、適正な企業経営に努めてゆく」とコメントしています。

スポンサードリンク