木津いぶきさんの父親(木津屋オーナー)の遺体発見場所はどこ?和菓子店の評判や動機は?

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店(木津屋)で、業務用冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=荒川区東尾久8丁目=の遺体があるのを警視庁の捜査員が発見しました。

見つかったのはこの和菓子店のオーナーの娘で、大学1年生、18歳の木津いぶきさんだとわかりました。

いぶきさんは冷蔵庫の中で下を向いて丸まった姿で発見され、首には圧迫されたような痕があったということです。

6日夜、店を経営する父親から家族に「娘を菓子店で切った死にたい」と電話があり、警察官が家族とともに店を訪れ、遺体を発見しました。

いぶきさんの43歳の父親とはその後、連絡がつかなくなっていて、警視庁は何らかの事情を知っているとみて行方を捜していましたが・・

その後【父親がさいたま市内の河川敷で首をつった状態で死亡しているのが見つかった】と報道されています。

亡くなっていたのはいぶきさんの父親だったのでしょうか・・

評判が良く、近所の人からも愛されていたという43歳の下町の和菓子屋さんのオーナーと、大学1年生の娘さんという父娘の間に何があったのでしょうか・・

「娘を切った」「川に沈んで死ぬ」父親が電話 冷蔵庫に女子大学生の遺体

東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で遺体で見つかった木津いぶきさん(18)の首に、絞められたような痕が残っていることが7日、警視庁尾久署への取材で分かった。この店を経営する木津さんの40代の父親が「娘を切った」「川に沈んで死ぬ」などと告げたまま連絡が取れなくなっており、同署は父親が事情を知っているとみて行方を追っている。

 同署によると、6日午後6時35分ごろ、木津さんの弟から「お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている」と110番通報があった。父親は「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたという。母親が同署で行方不明届を出していた同7時ごろ、自宅には「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があった。

 翌7日午前0時50分ごろ、木津さんと父親を捜していた署員が和菓子店内の業務用冷蔵庫内で木津さんを発見した。首には絞められたような痕が残っていたが、切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

 木津さんは両親と弟の4人暮らしで、6日は朝からアルバイトのため外出。父親は午前7時ごろから仕事に出ていた。

 近くに住む自営業の女性(71)は「仲のいい一家でトラブルは聞いたことがない。習い事もさせて大切に育てていたようなので、本当にショック」と肩を落とした。

出典 産経新聞

父親(木津英喜さん)さいたま市岩槻区の河川敷で死亡 冷蔵庫に娘の女子大生木津いぶきさん遺体

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で、近くに住む大学生、木津いぶきさん(18)が死亡しているのが見つかった。

警視庁尾久署によると、この店を経営する父親の英喜(ひでき)さん(43)が家族にいぶきさんの殺害をほのめかした後、所在不明になっていたが、

7日早朝にさいたま市内で遺体で見つかった。英喜さんは木に首をつっており、自殺とみられる。

署は死体遺棄事件として捜査。

いぶきさんの首には絞められたような痕があり、司法解剖して死因を調べるとともに、英喜さんがいぶきさんの死亡に関与したとみて詳しい経緯を調べている。

6日午後6時35分ごろ、いぶきさんの弟から

「お父さんが自殺しようとしている。お母さんが電話で止めている」

と110番通報があった。

英喜さんは「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたという。

英喜さんの所在が分からなかったため、母親が同署に相談していた7時ごろ、自宅には「娘を菓子店で切った。死にたい」と電話があった。

いぶきさんと英喜さんを捜していた署員が翌7日午前0時50分ごろ、和菓子店の業務用冷蔵庫内でいぶきさんを発見。

冷蔵庫は幅140センチ、奥行き73センチ、高さ85センチで、いぶきさんは丸まった姿勢で入れられていた。

目立った切り傷や刺し傷はなかったという。

一方、英喜さんは4時45分ごろ、和菓子店から北に30キロほど離れたさいたま市岩槻区の元荒川の河川敷で、木に首をつった状態で死亡しているのが見つかった。

区内には英喜さんのバイクも残されており、署は移動に使用したとみている。遺書は見つかっていない。

いぶきさんは両親と弟の4人暮らしで、6日は朝からアルバイトのため外出したが、アルバイト先を訪れていなかった。

英喜さんは午前7時ごろから仕事に出ていた。

近くに住む自営業の女性(71)は

「子煩悩なお父さんで、家族間のトラブルは聞いたことがない。娘さんにはバレエを習わせて大切に育てていたようなので、本当にショック」

と肩を落とした。

出典 産経新聞

事件があった東京都荒川区東尾久4-33-7の「菓匠 木津屋」からさいたま市内までは約25km、

車で30〜40分ほどかかります。

(さいたま市内の川の河川敷で、いぶきさんの父親が普段から乗っているオートバイが発見されているとのことです)

いぶきさんの父親は、

「(和菓子店)で娘を切った」「川に沈んで死ぬ」などと告げたまま連絡が取れなくなっていましたが・・

さいたま市内の河川敷で首をつった状態で死亡しているのが見つかったということです。

木津いぶきさんの父親(木津屋オーナー)の経営する和菓子点の評判は?

7日午前0時50分ごろ、東京都荒川区にある和菓子店の冷蔵庫から、近くに住む大学11年生木津いぶきさん(18)の遺体が見つかりました。

女性はこの店のオーナーの娘で大学1年生の木津いぶきさんだということです。

この店を経営する木津いぶきさんの父親と連絡が取れておらず、尾久署は何らかの事情を知っているとみて調べています。

現場は、日暮里・舎人ライナー赤土小学校前駅近くの住宅街。

事件のあった和菓子店の店名は、「菓匠 木津屋」です。

オーナーである木津いぶきさんの父親は

【菊最中・栗羊羹で有名な墨田区向島にある老舗和菓子店『青柳正家』で修行を重ねた後、平成15年に『菓匠 木津屋』を開業】

とあります。

木津屋を開業して16年目、年齢は43歳です。

出典食べログ

和菓子店を利用することがあるという40代の男性は

「このお店はたまに利用しますが、主人が1人で接客していて、普通のおじさんという感じで、事件のニュースを聞いて驚いている」

近所に住む50代の男性は

「このお店は昔からの老舗で対応も悪くなく、彼岸などのときに利用していました。

主人は下町の人であまり気をつかわないで、いい感じの人でした。

娘さんについては、この辺で見たことはありませんでしたが、冷蔵庫の中で見つかったということで、なぜ?という気持ちです」と話しています。

いぶきさんについては

「(いぶきさんは)きれいなほっそりとしたバレエやってる子だなって感じ。おうちの中で荒れてるような感じは全然見えなかった。」

「お父さんも和菓子屋さんで、とても腕のいい職人さん。すごい子煩悩、お店やりながら子供と一緒にチョウチョ育てたり」

と近所の方が話しており、父と娘のトラブルなどは確認されていないようです・・

木津いぶきさんの43歳の父親が経営する「木津屋」は。食べログの評価やSNSなどでの評判も良く、地元の方から愛される和菓子店だったようです・・

43歳の父親(和菓子点オーナー)が大学1年生の娘(木津いぶきさん)を切った?動機は?

東京都荒川区東尾久の和菓子店の冷蔵庫内で遺体で見つかった木津いぶきさん(18)の首に、絞められたような痕が残っていることがわかりました・・

また、この店を経営する木津さんの43歳代の父親が「娘を切った」「川に沈んで死ぬ」などと告げたまま連絡が取れなくなっています・・

父親は「手首を切った。川に沈んで死ぬ」などと話していたということです・・

また、父親とみられる男性が7日にさいたま市内の河川敷で遺体で見つかっています・・

43歳の父親(和菓子点オーナー)が大学1年生の娘(木津いぶきさん)を切った?

もしくは首を絞めてしまった動機については現時点ではわかっていません。

いぶきさんの父親は自宅に電話していぶきさんの弟に「娘を菓子店で切った。死にたい」と話し、

いぶきさんの母親が(自殺しようとするのを)止めようとしていた・・ということでした。

木津いぶきさんの父親(木津屋オーナー)が遺体で見つかる?和菓子店の評判や動機は?まとめ

7日午前1時前、東京・荒川区にある和菓子店の業務用の冷蔵庫の中から、女子大学生が遺体で発見されるという事件がありました。

警視庁によると、亡くなったのは、荒川区東尾久8丁目に住む大学1年生・木津いぶきさん(18)

いぶきさんの遺体には首を絞められたような痕があったということです。

和菓子店は、木津さんの父親が経営する店で、父親と連絡が取れなくなっていて、警視庁は父親が何らかの事情を知っているとみて行方を追っていましたが・・

その後【43歳の父親がさいたま市内の河川敷で首をつった状態で死亡しているのが見つかった】と報道されています。

亡くなられた木津いぶきさんのご冥福をお祈りします。