KenKen(金子賢輔)と兄ノブアキ)の実家は下北沢のどこ?父母も音楽家!JESSE/Char親子と親交も!

スポンサードリンク







警視庁組織犯罪対策5課は19日、大麻を所持していたとして、人気ロックバンド「RIZE「「Dragon Ash」(ドラゴンアッシュ)のメンバーKenKenこと、金子賢輔(33)=京都市下京区=と、

世界的ギタリスト「Char」の息子で米国籍のミュージシャン、マクファーデン・ジェシー・ソラト(38)=東京都品川区=の両容疑者を大麻取締法違反容疑で逮捕したと発表しました。

KenKenさんの自宅マンションに一緒にいた岡山県在住在住の25歳無職の女(友人)もともに逮捕されています。

2人はロックバンド「RIZE」のメンバーとして活動し、金子賢輔さんはドラゴンアッシュで「KenKen」の名前でベースを担当しています。

ロックバンド・RIZEのJESSEさんとKenKenさん逮捕のニュース・・

夏には様々な音楽イベントが開催されることもあり、夏休みに突入したタイミングでの報道に、ファンからは多くの驚きの声が上がっています・・

KenKenさんのお兄さんは、俳優としても活躍している金子ノブアキさんですし、

父(2012年に死別)も、母も音楽活動をされている「音楽一家」

ジェシーさんの父親は、世界的なギタリストとして知られる「Char」さん、

KenKenさんとジェシーさんは同じバンドのメンバーでもありながらきっと「家族ぐるみ」でお付き合いをされてきたのではないかと思われます。

お母さん(金子マリ)さんの60歳を祝うライブには兄、金子ノブアキさんがドラムで参加、

CharさんとJESSEさん親子も参加して、JESSEさんは金子マリさんを「マリちゃん」と呼び抱き合っていました。

「音楽一家」に生まれたkenkenさん、下北沢にある実家(葬儀社 金子総本店)や、

「スゴすぎる家族」金子家とは・・家族全員がどんな音楽活動をされていたのでしょう?

CharさんとJESSEさん親子とはどんな関わりがあったのでしょうか?

スポンサードリンク







KenKenの兄(金子ノブアキ)も父も母も音楽家!

KenKenさんはRIZEのベース担当。

またKj(降谷建志)さんを中心としたDragon Ashのメンバーとしても活動しています。

KenKenさんは地元、下北沢への愛着がとても強いことで知られます。

地元での活動も多く、「下北沢南口商店街振興組合渉外事業部アイコンアーティスト」に就任するなど地元地域振興にも積極的に参加していました。

2人はKenKenさんの兄である金子ノブアキさんとともにRIZEとして活動。

テレビアニメ『銀魂』のED主題歌を担当したアーティストの1組でもあります。

2017年にはバンド史上初の日本武道館でのライブを開催しました。

KenKen(金子賢輔)プロフィール

1985年12月30日生まれ、

東京都世田谷区下北沢出身の日本のベーシスト。

世田谷区立代沢小学校卒業

世田谷区立富士中学校卒業

2016年、N高等学校に第一期生として入学

本名は金子賢輔。

ドラマーのジョニー吉長を父に、歌手の金子マリを母に持ち、兄の金子ノブアキもドラマーという音楽一家に育つ。

子供の頃からベースとドラム、ギターを始め、15歳で下北沢を拠点にライヴ活動をスタート。

数々のバンド活動やサポートを経て、2006年4月に兄も所属するRIZEに加入。

2006年6月にはソロでもメジャー・デビューを果たす。

以降、ソロやRIZEほか、自身のバンドのKENKEN of INVADERSや兄とのユニットのTORCERSE、二枚舌、SPEEDER-X、Dragon Ashのサポートなどでも活躍中。

KenKenの母(金子マリ)プロフィール

金子マリ(かねこマリ、本名:金子眞利(かねこ まり)

1954年12月1日生まれ 64歳

東京都世田谷区下北沢出身の歌手。

“下北のジャニス”なる異名をもつ。

元夫はドラマーのジョニー吉長(1999年離婚、離婚まで吉長が金子姓に変えていた)であり、2人の間の息子は、RIZEのドラマー金子ノブアキとベーシストのKenKen(金子賢輔)

2007年放送のNHK「食彩浪漫」に出演、料理レシピを公開、

2人の息子の子育てについても語った。

歌手活動の他、家業の葬儀屋(金子総本店)を継ぎ、1993年より三代目代表に就任。

KenKenの父(ジョニー吉長)プロフィール

ジョニー吉長

本名 吉長信喜 (よしなが のぶき)

別名 吉長信樹、ジョニイ・レイズ

生誕 1949年3月21日

出身地 日本福岡県

死没 2012年6月4日(63歳没)

元妻は歌手の金子マリ(1999年離婚)であり、金子マリと結婚していた当時は、金子姓を名乗っていた。息子は、ドラマー兼俳優の金子ノブアキとベーシストのKenKen。

俳優としてドラマ『二千年の恋』や映画『ラストシーン』、テレビコマーシャルやファッションショーにも出演した。

2012年6月4日、肺炎のため死去。63歳没。

KenKenの兄(金子ノブアキ)プロフィール

金子 ノブアキ

ドラマー、俳優。

本名、金子 信昭。

愛称は「あっくん」。「N.K.」とも呼ばれる。

ロックバンド・RIZEのメンバー。

東京都世田谷区下北沢出身。

イトーカンパニー、およびILLCHiLL所属

血液型B型。

ドラマーのジョニー吉長を父に、歌手の金子マリを母に持つ。

生年月日: 1981年6月5日 (年齢 38歳)

生まれ: 東京都 東京 下北沢

身長: 178 cm

配偶者: 中村沙織 (「Laymee(レイミー)」の代表でデザイナー 2013年から)

2017年10月に第1子が誕生。

俳優としても活躍するほか、ドラマーとしての評価が非常に高く、数多くのアーティストの作品、ツアーに参加している。

筋金入りのゲーマー。

『週刊ファミ通』でKenKenと「スーパーカネコブラザーズというコラム連載をしていたり、ゲームプレイヤーとして番組を担当したこともある。

KenKenと兄(金子ノブアキ)の実家は下北沢のどこ?

金子ノブアキさん、KenKenさんは東京都世田谷区下北沢出身

下北生まれ、下北育ちで地元の世田谷区立代沢小学校、

世田谷区立富士中学校を卒業しています。

ご実家は葬儀社の「金子総本店」でもあり、お母さんの金子マリさんが代表を務めています。

(おそらく自宅は別にあると思われますが・・)

兄の金子ノブアキさんは地元、下北沢に関するインタビューで

「実家の祖父が葬儀屋で、町内会の会長をやっていたんですよ。だから毎晩、ウチの客間で寄り合い。商店街の方とはみんな知り合いだったんですけど、チャキチャキの下町の人って感じで、おもしろかったですね。ボーッと道を歩いていると、『車が来るから危ないぞ!』なんて怒られたりしてね」

と述べています。

kenkenさんは2016年7月(3年前)のインタビューで、結婚観について語り、当時の自宅の室内も公開していました。

「早く結婚して、子どもが欲しい。

やっぱ親父(ドラマーの ジョニー吉長さん)が死んだときに『遺伝子残さなきゃ!』っていうのはスゲー思った。

だから自分に持ってないものを持ってるような人が、やっぱいいんだけど、なかなかいないよね。

パンチのある人。誰と結婚するっていうのが全然わかんないかも」

「だから前の彼女だったんだけどね~。結婚するなら。マジで」

と・・かつて結婚を意識したこともあったようなんですが・・kenkenさんは現在もまだ独身だと思われます。

今回、kenkenさんの京都の自宅で共に逮捕された岡山県在住の無職の25歳の女性は「友人」ということですが・・

京都で一緒に暮らす彼女だった可能性もあるのでしょうか・・

出典 KenKenの自宅で◯◯を作らせてもらった

KenKenと金子ノブアキ兄弟はJESSE/Char親子と親交も!

KenKenと金子ノブアキ兄弟と、Charさんの息子でもあるJESSEさんとの交流はかなり古くからあり、

金子ノブアキさんとJESSEさんは中学時代から親交が深かったようです。

金子ノブアキさんは当時下北沢の公立中学校に進みましたが、JESSEさんはセント・メリーズ・インターナショナル・スクールへ通っていました。

「RIZEというバンドで今も一緒にやっているギターとボーカルのジェシーが、インター(ナショナル)の学校だったんですよ。

当時は西海岸のバンドに勢いがあって、レイジ(・アゲインスト・ザ・マシーン)がバンと跳ねて、レッチリ(レッド・ホット・チリペッパーズ)は93年とか94年は動いていない感じだったかな。

レッチリがまさかあそこから復活するとは思わなかった。あとはグリーン・デイとかのメロコア、ニューヨークならビースティ(・ボーイズ)。

でもきっかけはガンズだったかな。

東京ドーム公演の上下2巻にわかれているVHSをみんなで見たりしていました」

学年でいうと金子ノブアキさんが1981年生まれで80年生まれのJESSEさんのひとつ下、

KenKenさんは1985年生まれなので学年はジェシーさんの5つ下でノブアキさんの4つ下ということになりますね。

また、家族全員が音楽一家の「金子家」と、JESSE/Char親子はライブなどでの共演、

金子兄弟の母親である金子マリさん60歳バースデーライブに駆けつけたKenKen、金子ノブアキさん

JESSEと父親のCharさんも参加してみんなでありがとうを熱唱したこともありました。

KenKen(金子賢輔)と兄ノブアキ)の実家は下北沢のどこ?父母も音楽家!JESSE/Char親子と親交も!まとめ

自宅で大麻を所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は19日、大麻取締法違反容疑で、人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」のメンバー、金子賢輔容疑者(33)=京都市下京区=と、「JESSE(ジェシー)」の名前で音楽活動をしている米国籍のマック・ファーデン・ジェシー・ソラト容疑者(38)=東京都品川区戸越=、金子容疑者の知人で岡山県在住の無職の女(25)の3人を現行犯逮捕しました。

警視庁は「2人が大麻を持っている」という情報をもとに1カ月ほど前から内偵捜査を進めていました。

ジェシー容疑者の逮捕容疑は、自宅で紙に巻かれた状態の大麻の葉片1本(約4・2グラム)を所持、

金子容疑者は自宅で微量の大麻の葉片を所持した疑いがもたれています。

ジェシー容疑者は「私のものだ」と容疑を認め、金子容疑者は「大麻であることはなんとなく分かっていたが、拾ったものだ」と容疑を一部否認。

金子容疑者の自宅に一緒にいた女も「誰のものか分からない」と否認しているということです。

 「KenKen」の名前で活動する金子容疑者は、ジェシー容疑者がボーカルを務めるロックバンド「RIZE(ライズ)」にベース担当として所属。

その後、ボーカルの降谷健志さんを中心とした7人組バンドのDragon Ashにも参加していました。

ジェシー容疑者の父親は、世界的なギタリストとして知られる「Char」さん。

金子容疑者とジェシー容疑者には古くから親交があったとみられ、警察は今後、入手経路の特定などを進める方針だということです。

スポンサードリンク